卒業生インタビュー

GRADUATE INTERVIEW 2021

志望校合格を叶えた先輩に「東大谷高校だから実現できたこと」を聞いてみました。

大阪教育大学 教育学部

令和2年度:特進コース卒業生(堺市立東百舌鳥中学校出身)

論理的に考えることを習慣にできた

 東大谷では、何を学ぶために大学へ行くのか?など考えるきっかけをたくさん与えてくれます。
 私自身もたくさんのやりたいことを見つけることができました。また3年間使い続けたフォーサイト手帳。ここには、スケジュールだけではなく、授業で聞いたことやふと考えたことなど、なんでも書き込みました。一度開けば、いろいろな情報を得ることのできる自分だけの手帳で手放せないものとなりました。日ごろから疑問に感じたことを書きとめ、なぜなのかをとことん追求する。普段から論理的に物事を考えるようになったことは、大学の2次試験の面接でもとても役に立ちました。

大阪教育大学 教育学部

令和2年度:特進コース卒業生(熊取町立熊取南中学校出身)

生徒以上に先生の団結力はすごい

 絵を描くことが元々好きで、言葉では伝え切れない部分を表現できる美術のすばらしさを伝えたいという気持ちから美術の先生になりたいと思うようになりました。先生方にアドバイスをいただき、大学で学ぶ専門的な知識を教育現場で活かせる指導方法やコミュニケーション力も磨けるということをポイントに志望校を絞り込みました。
 先生が進路相談に乗ってくれるのはもちろんですが、東大谷の魅力は先生方の団結力と情報共有力だと思います。成績が伸び悩んでいたり、落ち込んでいたりすると、いろいろな先生が声をかけてくださいました。頑張る生徒をとことん応援してくれる学校です。だからこそ本当に東大谷を選んでよかったと自信を持って言えます。

和歌山大学 システム工学部

令和2年度:特進コース卒業生(大阪市立加賀屋中学校出身)

結果がでなくてもやり続ける

 高校入学時から国公立大学合格を目標に3年間を過ごしました。
周りより早い段階で、受験を意識し、勉強をはじめたはずなのに勉強が順調に進んでいると実感することができず焦ることもありましたが、結果が出ることを信じてやり続けました。
 わからないところは自分から積極的に質問に行き、そのままにしないように心がけました。学校行事でも中学とは違い、それぞれが主体性を持ち行動することが増え、一人ひとりが責任を持ち、互いに認め合い協力する大切さを学びました。
 授業の一環である10年未来プロジェクトでは、10年後の未来を考える機会があり、考えてもみなかった選択肢や情報を得ることができました。10年先を見据えて今何をすべきかを考える貴重な時間でした。

和歌山大学 経済学部

令和2年度:特進コース卒業生(和泉市立北池田中学校出身)

日々の生活に感じる感謝の気持ち

 特進コースは、特別授業や勉強合宿もあり、早い段階から自主的に勉強する習慣がついたように思います。
 また宗教的情操教育を通して、自分はたくさんの人に支えられていることを感じ、日頃から感謝の気持ちを意識するようになりました。他にも日々の生活の中で挨拶や礼儀の大切さを実感したので、これから先の人生にも大いに役立てたいと思います。
 受験に関しては、先生方が生徒一人ひとりとしっかり向き合い進路を丁寧に指導してくださるので、とても心強かったです。大学では、経営学やマーケティングを学び、将来は商品開発に携わる仕事がしたいと思っています。

滋賀県立大学 工学部

令和2年度:特進コース卒業生(富田林市立喜志中学校出身)

興味があるから追究できる

 日本は災害が起きやすい国なので、安全に生活できるために役に立てる研究がしたいと思い志望校を決めました。大学での研究を通して、原発事故などで人が立ち入ることのできない場所で活躍できるロボットを作りたいと思っています。
 東大谷へ入学したのは、オープンスクールで体験授業をうけ、数学の解説を聞いて、楽しそうだなぁと思ったのがきっかけです。正直勉強は大変ですが、先生方から自分の足りていないところを指摘してもらえることで、現状の把握ができ、安心にもつながりました。
 この3年間で1つの課題を最後まであきらめずやりきる力をつけることができたと思います。

山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部

令和2年度:特進コース卒業生(堺市立野田中学校出身)

薬剤師としての可能性を広げたい

 高校3年間は、自分から積極的に行動するということを心がけました。東大谷では宗教の授業や仏教行事があります。授業や行事を通して、自分が日々いかに人に支えられて生きているかということに気づかされました。このような機会があったからこそ、いろいろなことに感謝できる自分になれたと思います。勉強する環境も整っていて、質問の際は、職員室前のホワイトボードをよく利用しました。共通テスト1ヶ月前に社会の科目を変更したときも、本番直前まで指導してくださいました。
 大学では薬学部に進学し、将来的には人的支援が必要とされている国で薬剤師として海外支援に貢献したいと考えています。

関西大学 外国語学部

令和2年度:国際コース卒業生 (堺市立月州中学校出身)

後悔しないためにも悩むことは必要

 幼い頃海外に住んでいたこともあり、語学や海外の文化をとても身近に感じていました。
 高校1年生の時には3ヶ月ニュージーランドへ留学し、視野を広げることができました。
 東大谷では、留学という同じ目標を共有し、お互いを理解しあえる友人にも出会い、とても充実した3年間でした。大学進学についても、放課後や休み時間に担任の先生に相談にのっていただきました。
 志望校を決めるまでには時間がかかりましたが、じっくり悩んだ分、後悔しない選択ができたと思います。
 大学では、ビジネスや語学を学び、次はカナダへ留学したいと考えています。そして、まだ行ったことのない国で、日本のおもてなし文化を伝える仕事に就きたいと思っています。

関西大学 外国語学部

令和2年度:国際コース卒業生(堺市立平井中学校出身)

全てのつながりが可能性を広げてくれた

 高校2年生の時に1年間ニュージーランドへ留学。この留学で経験したことが自信となり、より高い目標へ挑戦することができました。高校入学当初の語学力は英検3級レベルでしたが、帰国後は英検準1級に合格し、語学力が身についていることを実感できました。
 ただ何もかも順調だったわけではありません。留学したばかりの頃は、言いたいことが言えず我慢することも多く、落ち込むこともありました。でもその悔しさが原動力になりました。自分と同じように英語を母国語としない国からの留学生とも仲良くなり、お互い自分の思いを伝えるため必死になっていました。国や言葉が違っても、同じものをみて、楽しみを共有できる喜びを改めて感じることのできた1年でした。

関西大学 文学部高大接続パイロット提携

令和2年度:進学コース卒業生(堺市立浜寺中学校出身)

つらいこともすべてが糧となる

 関西大学への進学を目標に3年間部活と勉強に取り組みました。部活との両立は、限られた時間の中でいかに効率的に勉強するかを考え、各科目担当の先生にもコツを教えてもらいました。そのおかげで、常に先を見据えて逆算し、計画を立てて行動するという習慣が身につきました。
 部活では、バレーボール部のキャプテンとして、自分から歩み寄り、いろいろな意見を聞くことで、問題の解決策が見えてきたように思います。
 「常に相手のことを考えて行動する。」「予期しないことや嫌なことがあっても、それは自分自身を成長させるために意味のあることである。」という東大谷の教えを心にとめて、これからも進んでいきたいと思います。

大阪大谷大学 薬学部薬剤師育成プログラム

令和2年度:進学コース卒業生(堺市立深井中央中学校出身)

自分らしく、自分のペースで

 中学3年生のときに参加した説明会で「薬剤師育成プログラム」があることを知り、東大谷への入学を決めました。
 部活では、なぎなた部に所属し、周りの意見を聞いてそれを取り入れる大切さを学び、一方向からだけの見え方ではなく、いろいろな角度からの見え方を意識することができるようになり、物事を客観的に見る力がつきました。部活との両立というより、私にとっては部活が勉強の息抜きになっていたように感じます。そして、先生方が私のやり方を尊重し、「今のまま自分のペースでやれば大丈夫」と声をかけてくださったので、それが安心につながりました。

特進コース:担任の先生からのメッセージ

 合格おめでとう!
 今年は入試制度が変わり、さらにコロナ禍の中での受験となりましたが、最後まで諦めずに頑張り抜いた結果だと思います。そして先の見えない不安を感じながらも友人の心配をしたり、私に「先生もちゃんと休んでください」と声をかけてくれたりと、周囲の人間を気遣うことができる生徒ばかりで、私もみんなのためにできることをやりきろうと改めて思いました。
 皆さんはこれから様々な経験をすると思います。上手くいかないこともあると思いますが、諦めずにその時にできることを全力でやりきってください。その経験は必ずその後の糧になると思います。悩みながらも自分で選んだ道を、全力で突き進んでください。

特進コース 数学科教諭 藏之前 圭

大谷学園 東大谷高等学校

ページの先頭へ