沿革
明治42年 1909 左藤了秀、難波別院内に、大谷裁縫女学校を設立(東大谷高等学校の前身)
明治44年 1911 大谷女学校と改称
昭和11年 1936 大谷女学校を第二大谷高等女学校と改称
昭和23年 1948 学制改革により、第二大谷高等女学校は東大谷高等学校・東大谷中学校になる
昭和51年 1976 東大谷中学校廃校
平成 5年 1993 国際文化コースを新設
平成 8年 1996 特別進学コースを新設
平成15年 2003 標準コースを総合コースに変更
平成19年 2007 特別進学コースの中に「国公立クラス」設置
国際文化コースを英語進学コースに変更
総合コースを進学コースに変更
平成21年 2009 特別進学コースの中に
「関大・関学シフトクラス」設置
平成25年 2013 男女共学化・泉ヶ丘新キャンパスへ移転
「特別進学コース」「言語・国際コース」「進学探究コース」を設置
ページの先頭に戻る