【行事】報恩講

報恩講

 

11月28日(火)本校講堂で、報恩講が勤修されました。この日は、浄土真宗の宗祖親鸞聖人(1173-1262)の御命日です。

毎年、全校生徒で正信偈をお勤めし、法話を聴聞します。

 今年の講師は、大阪大谷大学教授の梯信暁先生。日本仏教史がご専門で、浄土真宗本願寺派廣臺寺のご住職でもあります。

 梯先生のお話は、ジャータカ物語の「いのちの天秤」を素材にしたものでした。

私たちは平素、自己の都合で「役に立つか・立たないか」を基準に、他のいのちを「道具を見る眼」で見ていないか、と問われました。

そうではなく、国王のいのちも鳩や鷹のいのちも、ともに等しく尊いことに気づける「いのちを見る眼」の大切さを説かれました。

 私のいのちが尊いように、他のいのちも同じく尊い。そのようなまなざしから報恩感謝の念も生まれてくることを教えて下さいました。

 

IMG_001 IMG_002 IMG_003 IMG_006 IMG_004 IMG_005

受験生の方へ

入試説明会・入試対策講座

大谷学園 薬剤師育成プログラム

東大谷高等学校デジタルパンフレット

HIGASHI OHTANI PRESS

YouTube公式アカウント

学びのNEW STYLE

東大谷新校舎施設案内

150330_bannar

sotsugyo

ページの先頭に戻る