9・10日目の様子をお伝えします。

 

昨日は遠足へ行き、友達にも会い、少しリフレッシュできたようでした。

 

今日からまた現地校での研修が再開されます。

その様子を少しご紹介いたします。

St. Pauls Schoolの様子です。

 

体育の授業でZUMBAにチャレンジしました。

先生についていくのが大変でしたが、何事も挑戦だと思い、一生懸命取り組みました。

 

 

アボリジニーの文化について学習を深めました。

民族楽器の1つである、ディジュリドゥの演奏体験をしました。

音を出すことが難しく、苦戦していました。

 

 

Sheldon Collegeの様子です。

 

 

オーストラリアの代表スポーツであるフットボールを体育の先生から習いました。

パスの仕方やルールがオーストラリア独特のようで、生徒たちにとっても初めての体験でした。

みんな積極的に取り組んでいました。

 

 

オーストラリアで見られる動物について学習をしました。

移動動物園のように、ヘビやトカゲなどを実際見ることができ、日本では見ることが難しい動物も見て、触ることもできました。

 

 

Carmel Collegeの様子です。

 

美術の時間にブーメランを作りました。

みんな思い思いの絵をブーメランに描きました。

飛ばしてみるとなかなかうまくいかないものも多かったようです。

 

 

日本語を学んでいる現地校の生徒に「日本」についてのプレゼンを行いました。

文化、アニメ、おもちゃなどを紹介し、現地校の生徒も興味を持ってくれました。

 

今回の研修中に現地の幼稚園を訪問しました。

園児たちは日本語を学んでいるようで、日本語で数字を言ったり、遊びながら日本語で「色」についての単語を勉強したりしました。

 

日本と違った幼稚園、小学校の雰囲気を味わうことができ、とてもいい体験となりました。

 

明日は現地校での授業最終日です。

各校でフェアウェルパーティーも予定されています。

最後の英語の勉強を頑張ります。