7月8日(月)期末考査最終日に留学生のお別れスピーチがあり、2年生全員が講堂に集まりました。

韓国からの留学生で、1年間本校の国際コースで共に学校生活を送りました。

流暢な日本語で、この1年間の思い出や感謝の気持ち、これからの抱負を語ってくれました。

 

 

 

代表生徒が花束を贈呈しました。

 

 

 

生徒たちは真剣に耳を傾けており、涙を流している生徒もいました。

割れんばかりの拍手が起こり、感動的な会になりました。

 

最後に一緒に校訓を唱え、合掌をしました。

 

異なる文化の留学生と共に学校生活を送ることで貴重な経験ができました。

離れ離れになるのは寂しいですが、お互い未来に向かって羽ばたいていきます。