修学旅行2日目の様子をお伝えします。

 

本日は6時に起床しました。

眠い目をこすりながらバイキング形式の朝食をいただきました。

 

現在の気温は9度です。

寒い中バスに乗ってウトロ港へ向かいます。

 

ウトロ港へ到着し、カムイワッカの滝を遊覧船で巡りました。

 

およそ90分の海の上の優雅な旅を楽しみました。

素晴らしい眺めに生徒たちも大喜びです。

 

 

その後は、サーモン科学館へ向かいました。

 

 

サーモン科学館では、たくさんの魚を近くで見ることができ、ドクターフィッシュの体験や、様々な面白いコーナーがありました。

 

 

隣接する公園で元気いっぱいに遊んでいる生徒もいました。

 

 

そして、生涯学習センターあすぱるにて、昼食にサーモンといくらの豪華な親子丼をいただきます。

地元の方々の温かいお出迎えに感動しました。

 

 

摩周湖展望台では、霧のかかった幻想的な風景を見ることができました。

 

 

外は冬のようなツンとした寒さですが、たくさんの生徒が限定の白い恋人ソフトを食べていました。

広い売店ではお土産を両手いっぱいに抱える生徒がたくさん。

選ぶのが難しく、どれを買うか迷ってしまいます。

 

その後もバスで移動し、阿寒湖のアイヌシアター イコロに到着しました。

 

伝統的なアイヌ古式舞踊を見学しました。

最後は担任の先生も交えてたくさんの生徒たちが参加し、舞台上で楽しく踊りました。

 

 

本日は、あかん湖鶴雅ウィングスホテルに宿泊します。

北海道の歴史に触れ、貴重な経験ができた一日でした。

ゆっくり休んで明日に備えます。