校長ブログ 学校や地域の様子を配信していきます。

教育実習はじまる |2016/05/19|

5月18日(水)

 

本日より、生徒たちは中間考査に入りました。

1年生は高校で初めての定期考査。

1時間目の試験を真剣に受けている様子がうかがえます。

25051808

 

時を同じくして、今日から教育実習が始まりました。

今年は女子9名が実習に来ました。阿倍野校舎時代の卒業生ですので、

男子生徒たちに少し戸惑いながら、中間考査の間にしっかり指導案を作成し、

模擬授業を繰り返し、本番の授業への準備を行っています。

一日目の模擬授業の様子です。地歴公民科と英語科の実習生が2教室に分かれて

実習生と指導教員を相手に模擬授業。準備をしっかりしたつもりでも、

教壇の上に立つと「頭が真っ白になり、何を話していいのかわからなくなった!」と。

終了後に意見交換。

自分の課題を見つけて、実際の授業に備えてほしいと思います。

 

(地歴公民科)

28051803

 

28051805

 

(英語科)

28051801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28051804

大学別進路説明会 |2016/05/13|

5月12日(木)

 

本日午後、2年・3年を対象にビッグアイ大ホールを会場として

進路指導部による大学別進路説明会を実施しました。

昨年も実施しましたが、この説明で自分の進路が明確になったと好評でした。

 

参加していただいた多くの大学、短大、専門学校が、

それぞれのブースで希望する生徒たちに説明していただきます。

28051202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近畿大学、関西大学、大阪教育大学のブースには約90〜160名もの生徒が・・・。

28051204

 

各ブースとも、生徒たちは熱心に各校の担当者の話に耳を傾け、

帰りには両手にいっぱいのパンフレットを持っていました。

 

一度に多くの大学の話を聞け、各校の違いが理解でき、

志望校の決定の参考になったとの生徒の感想を多く聞きました。

28051201

 

 

 

 

 

 

 

 

28051203

お花まつり |2016/05/06|

5月2日(月)

 

「お花まつり」とは、釈尊降誕会(お釈迦さまの誕生をお祝いする行事)です。

一般には4月8日に行われることが多いようです。

本校では例年、年度初めの始業式を避けて、生徒たちが新学期に少し慣れた

5月初旬に行っています。

本日の8時50分より、1年生と2年特別進学コース生徒、

10時30分より3年生と2年進学探究コース・言語国際コース生徒と、

二回に分けてそれぞれ講堂において実施しました。

 

各クラス代表生徒により献花・灌仏。

生徒会会長が奉賛文を読み上げました。

28050201

講堂檀上の絵画は美術部員が、花御堂の飾りはクラス宗教委員を中心に

制作してくれました。ありがとう。

 

私から「天上天下 唯我独尊」とは、お釈迦さまが最初に発せられた言葉。

現在、「唯我独尊」と使われる時、「自分勝手」というように、

あまり良い意味でつかわれていませんね。

「生あるもの全てが、自分と同じように尊い」というのが本来の意味。

今日はそのことを考える機会にしてほしいことを話しました。

28050202

 

今回の法話は、真宗大谷派大阪教区駐在教導の竹中慈祥師よりいただきました。

カナリアの死に対する幼稚園児の素朴な疑問の実話をとおして、

「すぐに答えを求めないで、問い続けよ」との言葉が心に残っています。

28050203

 

最後に、全員で「花祭の歌」を斉唱。

28050204

 

後日、

生徒の感想文を読ましていただきました。

3年生は、「1年次は阿倍野校舎講堂で、2年次はビッグアイ大ホールで、

今年は泉ヶ丘校舎講堂でと、毎年会場が変わった!」と書いていました。

阿倍野校舎から移転して、早くも4年目となったことを実感しました。

 

生徒の感想文から・・・

 竹中先生がおっしゃっていた「「自分に答えを出す出すのではなく、自分に問う日々を送ってください。」という言葉が私の心に残りました。今、私は親に「なりたい職業や行きたい学校、学部を早く決めろ。」と毎日言われています。毎日毎日、めざす学校を見つけていないのに、英語や数学を勉強していると、すごく焦って苦しくなります。周りの人はもう既にスタートしているのに、自分はまだスタート地点すら立つことができていません。竹中先生は「自分に問え」とおっしゃっていました。私は自分に答えを出すことはできませんが、自分に問うことは何とかできています。なので少し心が軽くなりました。実は私、寝る前に目を閉じて一日の出来事を無意識に思い出すのですが、勉強をあまりしなかった日は少しだけすべてを投げ出して死にたくなる時があります。でも、体はやっぱり正直者で、お腹がすくし眠たくなります。竹中先生が「心が死にたがっていても。体は生きたがっている。」という言葉も、とても強く記憶に残りました。体が生きたがっている分、がむしゃらにでも生きてみようと思いました。これから先大きな壁にぶつかります。それでも「自分に答えを出すのではなく、自分に問う。」この言葉を思い出しながら、まずは受験を乗り越えようと思います。

 

 

 

 

 

1年宿泊研修会(2) |2016/04/30|

4月28日(木)

 

宿泊研修2日目。6時30分起床。

朝食後、午前中は山本生徒指導主任より、学校として生徒に期待することを

生活指導の観点から話していただきました。

28042801

講話終了後、閉校式。

 

バスにて京都に向かい、本山(東本願寺)参拝。

今年の3月に御修復工事も終えた色の鮮やかな阿弥陀堂に集合。

御影堂に移動後、参拝式を行いました。

真宗大谷派参務三島多聞師より、「皆さんの本願(本当の願い)とは何か?」

を問い続けてほしいとの法話をいただく。

28042802

 

28042803

 

その後、昼食。本山の諸殿拝観。

大雨のため、クラス写真撮影は阿弥陀堂にてクラス写真は京都タワーをバックに。

28042804

 

大雨で団体の行動に時間がかかり、帰路遅くなりました。

二日を通して、生徒たちには足のしびれる体験の記憶が残る

研修になったかもしれません・・・。

1年宿泊研修会(1) |2016/04/30|

4月27日(水)

 

8時40分1年生が泉ヶ丘駅前を出発。滋賀県大津にて1泊2日の宿泊研修へ。

昨年までの京都のホテルでは、今年の生徒・教員で300名を超える

人数を収容できないこともあり、今年は大津へ。

28042701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高速道路もスムーズに、10時30分前にはホテルに到着。

あいにくの雨。琵琶湖の湖面がかすかに見えました。

300人が入る大広間にて朝礼、開校式。終了後、昼食。

 

昼食後、最初は校長講話。東大谷高校の歴史と、本校教育の方針を話しました。

生徒は正座で真剣に聞いてくれました。

28042702

 

橋本生徒指導部長より、皆さんに「努力を積み重ねる」ことを求めたいとの講話。

28042703

 

続いて、日本有数の「トンボの研究者」の村木学年主任より、

トンボ研究にかける自分の生き方を熱く語ってくれました。

28042704

 

?宗教科の大間主任から、自らの教師経験を語る中で教育者としての喜びを

生徒に伝えてくれました。涙を拭く生徒もいました。

28042705

その後各クラス別に活動。

 

夜の部では、村木学年主任が本校3年間の学校行事を紹介してくれました。

クラス別活動もあり午前の講話とは違い、アットホームな雰囲気の中、

生徒たちは身を乗り出して映像を見ていました。

東大谷での3年間をイメージできたでしょうか?

28042706

 

校長プロフィール

神代 一徳
昭和56年から大阪府立高校において教諭、教頭、校長を歴任。平成25年4月、東大谷高等学校校長に就任。地歴公民科(地理)

bnrWinter2016

YouTube公式アカウント

平成29年度 学校案内

入試説明会等 日程

校長ブログ

学びのNEW STYLE

東大谷新校舎施設案内

東大谷ブログ

150330_bannar

sotsugyo

ページの先頭に戻る