西淀川区・左門殿川の防潮堤(同区佃5丁目)に華やかな装飾をほどこすという企画があり、美術科の川田秀子先生による指導のもと、美術部と卒業生が壁面タペストリーの制作をいたしました。

 現在、防潮堤の補強工事が行われており、その一部に明るい装飾をほどこして、イメージアップをはかることが趣旨です。

 テーマは「月の海へ繋がる?―川の流れと魚たち」

 

 壁面タペストリーは、幅62メートルの不織布にCGをプリントしたもの。防潮堤の内外(西・東)に設置されています。魚をイメージした吹き流しと、水をイメージした青色と金色の電飾も設け、夜はきれいなイルミネーションが川面を照らします。

 10月11日に完成し、11月末までは設置が予定され、その後も延長される可能性があります。最寄り駅は阪神電車の出来島駅。尼崎から難波方面へ向かう車窓からも見えます。

 美術部員たちが一生懸命に制作したものが、少しでも地域の方々のお役にたてれば嬉しいです。

 

                                文責・顧問 大間