11月28日(金)午前中、阿倍野校舎講堂で、報恩講(ご恩に報いる集い)が営まれました。

浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご命日法要です。

当日は2部制で、全校生徒参加のもと正信偈をお勤めし、法話を聴聞しました。

 

 

今年の講師は、真宗大谷派参務の木越渉先生。

 

 

木越先生は

お仏壇の花瓶には、色とりどりの花が調和して収まっています。

自分の愚かさに気付いて、互いを認め合い、

尊敬しあって生きることの大切さを説かれた方が親鸞聖人なのです」

と語られました。

 

 

今回は、阿倍野校舎で営まれる最後の報恩講でした。

歴代の宗教科教員(楠樹章麿先生、伊東道純先生、末井明尚先生)が集まりお勤めをしました。

 

 

 

生徒の感想文から――

 

「親鸞聖人は、自分の行いの愚かさに気付いたから教えを説くことが出来たのだと思った。

自分の中の悪い考えや感情を見つめて向き合うことが大事なのだと思った。

私たちが生きている世の中には地獄道・餓鬼道・畜生道があり、

自分が成功するために他人が不幸になって喜ぶ自分がいたりします。

“自分がやっている事が正しい、正義だ”とか“他人のやっている事は悪いことだ”とか

正義を無理やり押し付けてしまうから、衝突や戦争が起きてしまうのだと思いました。

だから自分を見つめ直して行くことが大切なのだと感じました。」

 

「長い歴史を持つ東大谷の阿倍野校舎最後の報恩講に参加できてよかったです。

泉ヶ丘でもこの伝統を伝えていく大切さを感じました。

これからも東大谷の生徒として、大切にしていかなければならない行事だと思います。」